*インタラクティブシステム研究室 [#r89b03c8]
 LEFT:[[研究室ホームページ>http://sagaweb.csse.muroran-it.ac.jp/]]~
 [[佐賀 聡人(Sato, SAGA)教授 (工学博士)>佐賀聡人/佐賀聡人]]
 
 私たちは
 
 -真に実用的な手書き作図システムの実現を目指して、
 -曖昧さを情報として積極的に活用するというユニークで一貫したコンセプトに基づき、
 -基本アルゴリズム・インフラ技術の開発からユーザインタフェースの試作に至るまで、
 
 手書き図形入力技術の研究を継続的かつ総合的に進めています。
 
 本研究室では汎用的な手書き図形認識手法として、FSCIを産み出しました。 FSCIは、描画の丁寧さの程度に応じてファジィ推論を行なうことで、手書き曲線をユーザの意図した幾何曲線として認識します。
 
 FSCIをC言語によるライブラリとして実現したものがFTK(FSCI Took Kit)です。現在では、次世代版のC++によるライブラリFTK+に置き換わりつつあります。
 
 更に、我々はFTK+を用いて2次元描画のための手書き図形認識フロントエンドプロセッサ[[SKIT>http://sagaweb.csse.muroran-it.ac.jp/skit/]]を開発しています。FSCI技術をフロントエンドプロセッサとして実装することにより、CADや3Dモデラなどの既存の実用作図アプリケーションに、手軽に手書き図形入力機能を付け加えられるようになります。
 
 一方、FTKは3次元描画にも対応しており、これを用いたVR環境で動作する3D モデラBlueGrottoの開発も進めています。 BlueGrottoは、空中に線を描くだけで正確な幾何学的立体形状を作りだすことを可能にします。
 
 [[研究室のウェブサイト>http://sagaweb.csse.muroran-it.ac.jp/]]の方に、デモンストレーションビデオ等も用意しておりますので、ぜひお立寄り下さい。また[[SKIT公開ベージ>http://sagaweb.csse.muroran-it.ac.jp/skit/]]ではSKIT試作版をダウンロードできますので、お試しください。
 [[研究室のウェブサイト>http://sagaweb.csse.muroran-it.ac.jp/]]の方に、デモンストレーションビデオ等も用意しておりますので、ぜひお立寄り下さい。また[[SKIT公開ベージ>http://sagaweb.csse.muroran-it.ac.jp/skit/]]ではSKIT試作版をダウンロードできますので、お試し下さい。

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS