*情報システム研究室 [#m35396ef]
 LEFT:[[研究室ホームページ>http://www.wil.csse.muroran-it.ac.jp/]]~
 // LEFT:[[研究室ホームページ>http://www.wil.csse.muroran-it.ac.jp/]]~
 [[畑中 雅彦(Masahiko, HATANAKA)教授 (工学博士)>畑中雅彦/畑中雅彦]]
 
 当研究室では、3つの研究テーマ(医用画像処理、衛星画像処理、並列・分散処理システム)ごとにグループをつくり、研究しています。
 
 医用画像処理グループ : 人体の3次元磁気共鳴イメージング(MRI)画像などに対する画像処理の研究。特に、脳血管を対象に、血管強調フィルタ・血管像の認識と追跡・画像観察端末などの3次元の画像処理と画像表示の研究を行っている。主に,C言語とOpenGLプログラミング技術を使用。
 
 -携帯型MRI画像観察端末(InK)の開発・研究
 -血管像の認識・識別に関する研究
 -血管走行の3次元的な追跡に関する研究
 
 衛星画像処理グループ : 南極大陸を対象に、衛星観測画像データから各種の気象情報を画像として算出する画像処理の研究。国立極地研究所との共同研究プロジェクト。現在使用している画像は、DMSP衛星のマイクロ波輝度温度画像。主に,C言語と画像処理専用言語IDLを使う。
 
 -南極大陸内部で生ずる冬季昇温域分布図の自動作成に関する研究
 -マイクロ波輝度温度画像から地上気温分布図を自動算出するシステムの研究
 -マイクロ波輝度温度画像から南極域の気圧配置に関する情報抽出の研究
 
 並列・分散処理システムグループ : ネットワーク上に分散配置している複数の計算機を協調動作させることにより、高速で安定した処理システムを構築する方法を研究。 Java言語,SQL言語やネットワークプログラミング技術を使う。CRDセンターにある研究室にて実施する研究もあります。
 -IPマルチキャストを併用した並列分散処理システムの研究
 -Heterogeneous PC Clusterシステムの研究
 -分散データベースシステムの研究
 
 

トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS