広報委員会/企業のみなさまへ

body_header_05.jpg

企業のみなさまへ

日頃より、情報工学科・情報工学専攻の教育・研究活動にご協力いただき感謝申し上げます。 学部3年生のインターンシップに始まり、4年生、大学院修士課程2年生の就職、そして様々な共同研究活動と、これまで以上に企業の皆様と当学科は様々な局面で連携を図りたいと考えております。

本学は2009年4月に改組され、情報工学科と電気電子工学科が統合して、学部では情報電子工学系学科が、大学院修士課程では情報電子工学系専攻が誕生しました。

この新しい組織のなかで、情報工学分野の教育を担うのが「情報システム学コース」および「コンピュータ知能学コース」の2つのコースです。

なお、修士の大学院生は既に情報電子工学系専攻に切り替わっておりますが、学部生につきましては、2011年度(平成23年度)までは情報工学科卒業生となりますので、よろしくご配慮をお願い申し上げます。

情報電子工学系学科:情報システム学コース・コンピュータ知能学コースの学生について

情報システム学コース・コンピュータ知能学コースでは、教育を「人」、「技術者」、「情報技術者」の3つの相でとらえています。それぞれの相において、3つの学習目標をかかげています。

これらの学習目標を達成すべく,2009年度から新しいカリキュラムがスタートしています。基礎力を徹底的に学習するとともに,「段取り力」,「コミュニケーション力」,「チームワーク力」を身につける課題解決型授業を複数配置したカリキュラムです。これにより、コンピュータの基礎知識とソフトウェア技術をベースに、情報処理、知識工学などの専門領域における問題を論理的に分析し,解決策を導き出すための情報システムを構築できる実力を備えた人材を育成しています。この教育プログラムは、日本技術者教育認定機構(JABEE)の認定を受けております。

これまで、本学科で教育を受けた学生は、情報産業の基盤になる中核的情報技術者として、技術者集団の中でリーダーシップをとれる人材として、そして世界的基準を達成した実力ある技術者として、様々な企業の中で活躍し、社会の発展に貢献して参りました。これからも、そうあると信じております。

情報電子工学系学科:情報システム学コース・コンピュータ知能学コースの研究シーズについて

本コースは、情報システム学コースコンピュータ知能学コースから成り立っております。それぞれのコースは、個々の教員が運営する研究室の集合体です。研究室名に見られるように本学科で取り組んでいる研究分野は、コンピュータサイエンス分野からそれらを応用した幅広い工学の分野まで網羅しております。それぞれの教員が研究者であり、それぞれの研究室に開花時期の異なるシーズを蓄えています。是非とも一度、それぞれの研究室における活動、教員の研究活動をご覧下さい。皆様の抱える問題を解決するシーズが眠っているかもしれません。

連絡先

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS