工藤康生/推論システム

推論システム研究室

工藤 康生(Yasuo, KUDO)准教授 (博士(工学))

データベースは何らかの目的の為に大量の情報を蓄積し,ユーザからの検索要求に応じて必要なデータを提供することで,我々の日常生活を支える情報システムの基盤として必要不可欠な要素となっています.また,Webに関する様々な技術とデータベースの融合,および大量のデータの中からデータ間の関連性や法則性等を見つけ出す要素技術であるデータマイニングの発展等から,データベースの重要性は更に増しています.

基盤技術としてのデータベースを更に発展させる為には,データに基づく柔軟な推論機能が必要になると私は考えています.本研究室では,データに基づく柔軟な推論機能の実現を目指して,主にラフ集合理論および非単調推論,信念変更理論(belief change)に関する研究を行っています:

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS