学生実験WG/教育研究用設備

教育研究用設備

情報システム学コース・コンピュータ知能学コースで共同利用されている教育研究用設備の主なものを紹介します。これらのほかにも各研究室ごとに研究内容に応じた様々な教育研究用設備が整備されています。

学生計算機演習室(R105-106)

情報システム学コース・コンピュータ知能学コースの学部生のUNIXプログラミング演習や実験に主に用いられる設備です。4つの続き部屋に104台の学生用コンピュータ(iMac)が配置されており、実験や演習の時間のほかにも、開放時間には自由に来て利用することができます。コンピュータのほかにも、50台余りの小型ディスプレイや4台の大型ディスプレイを含むAV機器が完備され、効果的な演習が行えるように設計されています。また、これらのコンピュータは高機能計算機実験室(V302)の高機能サーバコンピュータ群に接続されており、いつ、どのコンピュータ端末を利用しても常に各個人ごとの環境で利用できるようになっています。

IMG_0805 のリサイズ画像.jpg
PBL_2 のリサイズ画像.jpg

高機能計算機実験室(V302)

情報システム学コース・コンピュータ知能学コースの要となる各種サーバコンピュータが設置されています。普段、学生がこの部屋に直接立ち入ることはありませんが、学生計算機演習室(R201-204)のコンピュータは全てこの部屋のサーバコンピュータに接続されており、学生はネットワークを介してこれらの高機能サーバコンピュータ群を使いこなすことになります。

060713_IMG_0010.jpg
060713_IMG_0008.jpg

プレゼンテーションルーム(R205)

主に、大学院生が研究結果を発表したり、学部生が実験・演習の成果を発表したりするための会場として用いられる部屋です。104台のノートパソコンと無線LANシステム、情報コンセント、3台のプロジェクタと3面のスクリーンおよび音響機器、リアプロジェクタを完備しており、AV機器を駆使した効果的なプレゼンテーション能力を養うために用いられます。また、展示会形式の研究発表会などの催しもの会場として利用されることもあります。

060713_IMG_1547.jpg
060713_IMG_1545.jpg

計測制御実験システム(学生実験・演習室 R202)

計測制御実験用のハードウェアとパーソナルコンピュータが設置された部屋です。主に学部生の実験用に用いられ、アナログとディジタルとの間のインタフェース(境界)について実践的に理解を深めることができます。

IMG_0099s.jpg

ヴァーチャルリアリティシステム(仮想現実実験室 V202)

主に大学院生の研究用に用いられる仮想現実感(VR, Virtual Reality)システムや複合現実感(MR, Mixed Reality)システムが設置された部屋です。コンピュータグラフィックス(CG)用のコンピュータに接続された各種VR機器を活用して、リアルタイムに変化するCGの世界の中にどっぷりと身を置く体験のできるシステムを開発できます。また、本システムの一部は学部生の演習にも活用されており、学生たちが自ら作成した3次元CGプログラムの効果をリアルに体感することができます。

virtual_reality_s.jpg
immersive_s.jpg

スタッフ・学生連携による講義テキスト作成支援システム(通称:はたおり虫)(学生実験運用室 R103)

WikiとCVSを利用した、ネットワーク型の教材作成・提示システムです。実験や演習の課題や実施に関する様々な情報をWebブラウザを通じて学生にタイムリーに伝えるために用いられます。また、学生側からの課題の電子提出などにもこのシステムが用いられます。

hataorimushi-kamoku-s.png
hataorimushi-EnsyuA-s.png

新はたおり虫(テスト中)

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS